Sorry, did not translate yet.

水止舞には、奉納唄と呼ばれる唄が九種類あり、笛の音と獅子の踊りと共に唄われます。

水止舞前半最後の「コホホーンの舞」と共に唄われる唄

  この寺に施餓鬼あるとは夢しらず、おそく参れば後世のさわり

水止舞後半では、雌獅子を巡り花籠の間を若獅子と雄獅子が勇壮な踊りを繰り広げ、その際に笛の音に併せて唄われる奉納唄が八種類あります。

  1. 志ゆんさ かわりへ連れしまわれし 女獅子おば今こそここにかくしなかれた

  2. 何と女獅子がかくれても太陽のかくしで姿見えにめそや

  3. 白金で剣を作りし刃をつけて 女獅子大獅子が愛をきらはや

  4. みわたせば雲もかすみも吹きあらし 女獅子大獅子が合うぞうれしや

  5. 七つ子がへ長のはかまをぬいそめて 清水がはらのとのおくらせて

  6. 鹿島がわらへ水止を習へとふみが来て 習うべもの鹿島六つ切り

  7. 武蔵野の入り江のたつも時をへて のりのおにわで舞うぞうれしき

  8. 我が里に雲も立つやら雨が降る おいとまもうしていざ帰へもうす