Sorry, did not translate yet.
かつて、厳正寺には「厳正寺舞」という、勇壮な舞がありました。

しかし、それを伝えるべき踊り手が、第二次世界大戦で戦死し、後世へ伝えることが出来なくなってしまいました。

水止舞も危うく同じ運命となるところであったが、戦後の昭和二十九年(1954)に復活。東京都の無形民俗文化財に指定されたのを機に、保存会を作ることとなり、昭和四十一年(1966)に厳正寺 水止舞 保存協力会を発足させました。

初代会長には、その当時の檀家総代であった、田中康雄が就任し、その後昭和六十年(1985)より、平林義正が二代目会長を継ぎ、現在に至っております。